ふくしま6次化情報STATION 公式サイト

福島県ホームページ

【情報提供】食べて応援しようin仙台の開催及び出店仮申込のお知らせ

(東北農政局より案内があったのでお知らせします)

 

<食べて応援しようin仙台の開催及び出店仮申込のお知らせ>

東北農政局では、東日本大震災の被災地支援の一環として、福島県を中心とした東北地域の震災復興、農林水産物の風評払拭のため、被災地産農林水産物等を積極的に消費する「食べて応援しよう!」に取り組んでおります。

この取組は、福島県、宮城県、岩手県の被災3県の農林漁業者、食品事業者が農林水産物や加工品などを販売する場を提供するもので、次のとおり出店者を募集(仮申込)しております。

出店を希望する場合は、是非、お早めに申し込みください。

 

◆イベント名

食べて応援しようin仙台

 

◆日時

平成30年3月17日(土)~18日(日)2日間

 

◆場所

勾当台公園市民広場(仙台市青葉区)

 

◆募集内容

当イベントに出展販売する事業者を募集します。

 

◆応募要件

以下のものを全て満たす事業者とします。

・本イベントの趣旨に賛同したグループ,法人,任意団体

・原則として岩手県,宮城県,福島県内に所在する県産品を生産または,製造・販売を行っている者

 

◆出店条件

出店料は無料。ただし、出店に係るテント等機材の賃貸料、賠償保険料、設営費、旅費、宿泊費等は出店者負担となります。

・出店に伴う機材等は基本的には出店者自身が用意することとしますが、希望者には貸しテント等を仲介します。

※貸しテント参考価格:W5.4×D3.6サイズのテント22,000円程度の予定。W5.4×D3.6サイズを2店舗で使用する場合は、11,000円程度の予定(出店者で折半する設営運搬費により、価格は変動します)。

・売り上げについての徴収は一切ありません。全て出店者の売上金となります。

・直火、炭火は認められていません。ただし、ガスやヒーターの使用は可。

・保健所に届出の必要なもの(生肉、生魚、生乳、飲食店営業、大判焼など菓子製造業、喫茶店営業)を販売する場合は、事務局取りまとめの上保健所への届出(手数料は出店者の実費負担)が必要。)

・その他、公園使用の条件(後日送付)に従っていただきます。

 

◆応募方法

別添の仮申込書に必要事項を記載の上、メール、FAX、郵便のいずれかの方法で以下連絡先あてにお申し込みください。

 

東北農政局 経営・事業支援部事業支援部 地域食品課

住所:〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町3-3-1

電話:代表022-263-1111(内線4373、4374)  担当:佐々木、西舘

FAX送信先:022-722-7378

メールアドレス:tabete_ouen@tohoku.maff.go.jp

※なお、仮申込後、正式な申込書や同意書などの関係種類を送付いたします。正式な申込時に詳細をお知らせいたします。

 

◆募集締切

平成30年1月31日(水)

※なお、出店の定数の40店舗に達し次第、締め切りとさせていただきます。

「食べて応援しようin仙台」概要

「食べて応援しよう!in仙台」仮申込案内

「食べて応援しよう!in仙台」仮申込書

【参考】第1回チラシ(昨年度)

お問い合わせ先

ふくしま6次化情報STATION
ふくしま地域産業
6次化推進協議会
事務局(福島県農産物流通課内)

〒960-8670
福島県福島市杉妻町2-16
電話:024-521-8041
FAX:024-521-7942
メールはこちらから

携帯からもどうぞ

QRコード

ページの先頭へ