ふくしま6次化情報STATION 公式サイト

福島県ホームページ

【情報提供】究極の卵かけご飯クエスト(11/19(日))の参加者募集について

(一般社団法人東の食の会より案内がありましたのでお知らせします)

チームふくしまプライド。がお届けする、福島の食にかかわる魅力的な人に「会いに行く」シリーズ。
今回は、究極の卵かけご飯クエスト~ふくしま秋の味覚を満喫芋煮会~のお知らせです。
限定20名までのツアーですので、お早めにお申し込みください!

 

【チームふくしまプライドホームページよりお申込みください】
https://team-fukushima-pride.com/tkgtour

 
※ツアー概要※

【日 程】  2017年11月19日(日)11時~18時

【集合時間】 10時45分~11時 福島駅集合

【解散時間】 18時 福島駅解散

【定 員】  20名

【対 象】  ツアー終了後のかんたんなアンケートにご協力いただける方。

【参加費 】 4,000円

【お土産】  新米 天のつぶ(2合)

※昼食代、ワークショップ代すべて込みとなります。
※集合から解散までの移動は、貸切バスを使用します。(無料)
※本企画はモニター価格となりますので、終了後にアンケートのご協力をお願いいたします。
※参加費は当日、集合場所でのお支払となります。お釣りのないよう、ご用意をお願いいたします。
※集合場所の詳細な地図は、参加確定者にメールでお知らせいたします。

運営事務局 株式会社エフライフ
問合せ先 info@team-fukushima-pride.com

【主 催】チームふくしまプライド。(一般社団法人東の食の会内)

チームふくしまプライド。登録メンバーの方には、お土産の天のつぶ2合に加えて、さらに2合のお米をお持ち帰りいただきます。
※登録がまだの方は、当日までにこちらのフォームからお申込みください。登録の際費用は一切かかりません。
https://team-fukushima-pride.com/
.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.

以下詳細になります。

今回のテーマは、日本人の主食「お米」。
新米の季節は、いつも以上にお米の美味しさをかみしめていることができます。

日本各地に米どころはあり、福島県もその1つ。福島県内でも、多くの農家さんが沢山のお米を栽培しています。

福島市で4人の子供を育てながら、米農家を営むカトウファームの加藤ご夫妻。福島の福島盆地の特徴を活かした寒暖差と3年連続モンドセレクションを受賞した福島市の清流を使用し、優しい甘み、食べ応えのある食感、粒ぞろいの良いお米を作っています。福島市最大規模の米農家として、「この地域に田んぼが残せるように、100町歩(=1,000,000平米)の規模を目指しているんです。」という熱い思いを持ったお2人です。
そんなお2人が栽培するお米は、福島県が15年の歳月をかけて開発したオリジナル品種「天のつぶ」。穂が出るときにまっすぐに天に向かって伸びる稲の力強さが名前の由来です。そしてその力強さは、お米一粒一粒にも引き継がれ、大きく、粒に固さと弾力があるのが特徴です。
真っ直ぐさと、力強さ。加藤さんご夫妻の熱い想いにピッタリなお米です。

「天のつぶ」はそのまま白米として美味しいだけでなく…… 『卵かけごはん』にとても合うのです。卵と醤油をかけても、ベチャッとしないのは天のつぶの固さのおかげ。つまり、天のつぶの美味しさがはっきりわかる食べ方は卵かけご飯であり、それは「卵かけご飯に合うお米の品種は天のつぶ!」と言っても過言ではないのでは!
というわけで!今回は、加藤さんの栽培した「新米・天のつぶ」を美味しくいただくため、「究極の卵かけご飯」を食べるツアーを実施致します。
美味しい天のつぶを、さらに美味しい新米で、さらに美味しく卵かけご飯でいただきたい。
そうなると、究極の卵かけご飯には、「究極のお醤油」と「究極の卵」も必要です。

それぞれの究極の食材を求めて秋の福島市内をまわり、お醤油、卵、お米をゲットして、「究極の卵かけご飯」を完成させましょう!!

ツアー後半の第二部は、生産者と参加者、そして参加者同士の交流会。全員でワイワイと話しながら、カトウファームさんの天のつぶとファームつばささんの牛乳を使用したスペシャルリゾット作りを行います。
ファームつばささんは、20代で新規就農し、「乳(ちち)クリエイター」という肩書をお持ちです!世界ギネスを持った桃よりも糖度の高い桃づくりをしている古山果樹園さんの採れたてりんごを焚き火を使って焼きりんごにするのもこのシーズンならではの贅沢。

また、福島の風物詩、芋煮もご用意いたしますので、温かい料理を食べながら、火を囲んでゆっくり語らいましょう。

会場は、グランピングテントのあるキャンプ場 FOME BASEさん。非日常的な雰囲気は新しい出会いを特別な記憶にしてくれること間違いなしです。(交流会に参加してくださる生産者さんは決定次第、随時更新していきます。お楽しみに!)

さぁ、「究極の卵かけご飯」と「最高の出会い」を求めて、旅立つときがきました!!!

このツアーを終えたら、経験値&レベルが上がっているはず!?

皆様のご参加をお待ちしております。

 

お問い合わせ先

ふくしま6次化情報STATION
ふくしま地域産業
6次化推進協議会
事務局(福島県農産物流通課内)

〒960-8670
福島県福島市杉妻町2-16
電話:024-521-8041
FAX:024-521-7942
メールはこちらから

携帯からもどうぞ

QRコード

ページの先頭へ